ニールセン 交響曲第2番 ロ短調 「四つの気質」Op.16

ニールセン(1865~1931)は、デンマークの作曲家。こんにち演奏される作品は交響曲のほかに木管五重奏曲など数は少ないが、それらを聴けばすぐに彼が非凡な才能の持ち主であったことが分かる。すなわち、和音、旋律、管弦楽法、どれを取っても他とは明らかに異なる、みずみずしい響きがするのである。

ニールセンの交響曲第二番「四つの気質」は、彼が首都コペンハーゲン近郊の田舎の居酒屋に入った時に目にした四枚組の絵に着想を得ている。この絵というのは、当時、今でいうところの血液型性格診断にあたる四体液説の四つの気質それぞれを人物画として表現したものであったという。四つの気質とはそれぞれ胆汁質、粘液質、憂鬱質、多血質であり、1~4楽章にはそれぞれのラテン語に由来する見慣れない形容詞が発想標語[1]として付記されている。それでは楽章ごとに見ていこう。

 

第3楽章

今回先に演奏する第3楽章は標語の通り憂鬱な音楽である。第1Vn.によって演奏される旋律(譜例1、以下T1)は非常に抒情的である。

譜例1(T1)

これが落ち着くと、その残骸からため息のような旋律(譜例2、以下T2)がOb.に現れる。

譜例2(T2)

これがこの楽章の中心的な旋律である。そのままこの主題を利用して頂点を迎え、それが過ぎたところでT1の断片が再来し、中間部へとつながる。Fl.に始まる中間部は様々な楽器群によって短い動機群(譜例3、以下M1)が受け継がれて進行する。

譜例3(M1)

ここにはニールセンの対位法[2]の妙を見ることができる。最後、Timp.のみが残ると再び主部に戻り、T1が管楽器を伴って力を増して帰ってくる。おおむね最初と同様に進行するが、低音にT2が現れるとにわかに緊張感を帯び、クライマックスを準備する。このクライマックスは全合奏による絶叫であり、狂気すら孕んでいる。頂点を越えると音楽は減衰の一途をたどる。最後の和音は西洋音楽のルールに反しており、迎えた安寧が絶対のものではないことを暗示する。

第1楽章

冒頭、二拍子のいかにも胆汁質の人間のような怒りっぽい主題(譜例4、以下T1)が現れる。

譜例4(T1)

最初中低音域に現れたこの音形は直ちに高音域に引き継がれ、さらに自由な発展を導く。一通り遊びまわると見得を切り、躓くような推移部にはいる。Cl.に現れる旋律断片(譜例5、以下M1)は受け継がれるうちに勢いを増し、やがて三拍子に転じて壮大な景色を見せる。

譜例5(M1)

だんだんとおさまっていくと、Ob.に素朴で優美な第二主題(譜例6、以下T2)が現れる。

譜例6(T2)

この旋律は、西洋的な長音階というよりも民謡的な旋法[3]の気分を多分に含んでいる。しかし、その優美な気分も長くは続かず、すぐに騒がしくなって目くるめく転調を見せる。全合奏による4度の打撃の後に、今度は壮大にT2が奏でられる。Timp.のシンコペーション[4]を合図に展開部に入る。激しい弦楽器群となめらかな木管楽器群の対比が印象的である。Vn.が入ってきたところからは主にT2を発展させる。それが終わると、管楽器による信号音を伴ったフガート[5]に入る。段々と盛り上がり、しっちゃかめっちゃかという言葉がよく似合う強奏を迎える。それが静まって一瞬T2を振り返るが、すぐに激しくなって再現部を準備する。再現部は展開部と同様に進むが幾分拡大されている。管楽器の強烈な和音から曲のまとめに入る。唐草模様のような16分音符の絡み合いを経て、最後は幾分テンションを上げたT1によって曲を閉じる。全体に気分の浮き沈みの激しい楽章である。


[1] 曲の冒頭や途中に書かれて、音楽の雰囲気を示すのに使われる語。イタリア語の形容詞句あるいは副詞句であることが多い。よく使われるものは限られており、「見慣れない」と書いたのはそういう意味である。
[2] 複数の相異なる旋律を同時に演奏して音楽的充実を得る技法のこと。
[3] 1オクターブのうちには12の半音(クラシック音楽における音程の最小単位)が含まれる。これらを並べて階段に見立てたときに、どの段を飛ばしてどの段を飛ばさないのか、というルールを定め、音階をつくる。このルールを旋法と呼ぶ。
[4] 強拍が自然な位置から外れており、躓くようになっているリズムのこと。
[5] 曲の一部に現れるフーガ風の部分のこと。フーガとは一つの旋律を複数のパートでタイミングをずらしながら重ねていく曲のことをいう。
東京大学フィルハーモニー管弦楽団|公式サイト