ご挨拶

はじめましてこんにちは!
東大フィル団長の山本です!
みなさん新たに大学が決まって、数ある中から一体どんなオーケストラに入ろうかと考えあぐねていることだと思います。それぞれのオーケストラに特徴があり良さがあります。僕もはじめはとても迷いました。東大フィルは原則として楽器経験者しか募集していません。しかし、その分全体合奏を週1日3時間だけに絞りつつ、非常にハイレベルな演奏水準を維持しています。もちろん日々の個人練習は欠かせませんし、毎週の合奏練習はとても濃密で学ぶことが多いです。また東大フィルは東大をはじめ所属大学の多様性に富んでおり、中には音大生を含む非常に高い技術と音楽性を備えた団員も多く、演奏面と指導面を共に飛躍的に向上させています。指揮者には劇団四季の指揮もしていらっしゃるプロの濱本広洋先生をお迎えしています。
つまり、東大フィルは団員各個人が自分の自由な時間を確保し、音楽と他を両立しつつ最高の演奏体験を得ることのできる、他にない最高のオーケストラだということです!この点において他が勝ることはありません!
しかしそうは言っても、やはり実際に公開練習や新歓演奏会に足を運んで、どのオーケストラが良いのか、自分に合っているのか、自分で探ってみるのが良いと思います。団員の中にも迷っていたが、練習を見学したら団によって雰囲気が全然違くて決められた!と言っていた人もいました。ぜひ自分にとって最高なオーケストラを見つけて充実した大学生活を送ってください!
東大フィルはきっとあなたの望む素晴らしい環境と仲間を与えてくれるはずです。ぜひ気軽に覗きに来てください!
団員一同あなたと一緒に音楽ができる日を心待ちにしています!

東京大学フィルハーモニー管弦楽団団長  山本 かけい

東京大学フィルハーモニー管弦楽団|公式サイト